顧客管理は特に注意、メール配信の注意点

顧客やユーザーに合わせた配信

企業が複数のユーザーや顧客にメールやメルマガを配信するとなると、ターゲットに合わせた丁寧な構成にする必要があります。その為に、文面の内容を充実させだけでも時間と労力を必要とし、人件費を含めたコスト面でも相当になります。確かに、同一文面のメールを一括配信するのであれば、たいして労力やコストはかかりません。但し、それでは顧客やユーザーの印象に残りにくいものとなり、開封されることもなくなります。一方、配信代行サービスでは、毎回、アクセス解析を行っており、効率的にメールを配信することができます。顧客やユーザーの名前をタイトルに組み込んだりして、親しみのある文面にできるのもメリットです。また、開封率の高い時間を選ぶことで、読まれる可能性を高める事ができます。

安全性と迅速性を考慮する

メール配信の代行を依頼する際には、顧客の情報管理やセキュリティ管理が最も重要になります。大手の配信代行サービスであれば、専門の業者によってシステムが管理されており、情報漏えい等の心配がありません。また、メールやメルマガの送信に関しては、業者側の専用回線が使われるため、新たな高速回線の導入を必要としません。費用面では、契約時の初期費用と月々の月額費用がかかりますが、後者は配信するメールやメルマガの数などで決まります。セキュリティに関しては、PマークやISMSなどの認定を受けている業者ならば安心です。その他、実際の導入までの時間も業者によって異なるので、安全性と迅速性の双方を考慮した導入検討が肝心になるわけです。